Nights Of Bourbon And Music

 
 ↑ 岡崎倫典ライブのみ、上のバナーをクリックして『ネット予約可能』です.
   打田十紀夫ライブは『電話予約のみ』となります.

当店のライブイベント <アコースティックギター界の巨匠達!>

6月20日(水)打田十紀夫ソロライブ 
日本を代表するアコースティックブルースギターの重鎮が福山に!

打田十紀夫 ギター・ライブ ‘50代 締めくくり’ツアー

『Acoustic Guitar Magazine』誌や『Player』誌の連載講師でもお馴染み、教則本も多数、『モリダイラ楽器/フィンガーピッキング・デイ』や『マーティン・クラブ・コンサート』のゲスト出演をはじめ、アコースティック・ギター関連のイベントでも欠かせない存在の打田十紀夫のソロライブです。

◆◇◆ 当店内にて開催の為、少人数・超プレミアムライブとなります。 ◆◇◆

◆◇◆ なんと!終演後は打田十紀夫を囲んでの打ち上げも予定! ◆◇◆

 御予約はお早目に! <営業時間内のお電話のみの御予約となります。>

【出演】打田十紀夫
【日程】2018/6/20(水)
【会場】当店にて Bar Caboulot バー・カブロ
【時間】開場/20:00 開演/20:30
【料金】¥3,000(税込/ ワンドリンク付き)

※終演後、打ち上げ予定(希望者のみ)
   参加費:¥2,000(オードブル + ワンドリンク) 追加オーダーは別途承ります。

【問合せ】TEL: 084-926-5966 (Bar Caboulot カブロ)

 少人数限定店内ライブとなりますので、御予約は営業時間内にお電話下さい!





打田十紀夫(うちだときお)プロフィール <Acoustic Guitar>

 1958年三重県四日市市出身。ブルース&ラグタイム・ギタリストとして全国的に活躍。
2007年、巨匠ステファン・グロスマンとのデュエット CD『Bermuda Triangle Exit』が米リリース他、現在まで作品多数。国内に加え、米、仏、中国でも演奏する。2011年には、米ミシシッピー州グリーンウッドで開催された「ロバート・ジョンソン生誕100周年記念フェスティバル」にも出演。2016年キングレコードより発売の『どこかで春が』は、ブルースのテクニックで日本の歌をアレンジする斬新な取組が話題を呼んだ。独自のコンセプトで制作された“モーリス打田十紀夫シグネチャー・モデル(Morris SC-123U)”を愛用。


打田十紀夫  http://www.tokiouchida.com

 

7月22日(日)岡崎倫典ソロライブ 
押尾コータローの師匠でもあり、日本におけるギターインストのパイオニア

岡崎倫典アコースティック ソロライブ

【出演】岡崎倫典
【日程】2018/7/22(日)
【会場】福山とおり町交流館(福山本通商店街)
        (広島県福山市笠岡町1-13)
    (会場の地図はここをクリック
【時間】開場/18:00 開演/18:30
【料金】前売り¥3,500 /当日¥4,000(税込/ ワンドリンク付き)
    学割 ¥1,000引き …学生証掲示
【問合せ】TEL: 084-926-5966 (Bar Caboulot カブロ)
 
          HPから御予約できます





なお、岡崎倫典ライブを御覧になられたあとのチケット半券は、終演後日、
Bar Caboulot で「500円」のサービス券として御利用できます。
(2018年9月末まで)

岡崎倫典(おかざきりんてん)プロフィール <Acoustic Guitar>

 1954年3月21日生まれ アコースティックギターリスト。21歳でプロのギタリストとしてスタート。
 日本におけるギター・インストのパイオニア的存在。
尾崎豊、中島みゆき、沢田知可子、谷山浩子、杉田二郎、森山良子、鈴木康博、玉置浩二、財津和夫など他にも数々のアーティストのサポートとしてステージやレコーディングに参加。 押尾コータローの師匠としても有名。

 1990年、自身初のオリジナル・アルバム『Bayside Resort』をリリースと同時に楽譜集を出版。以後ソロ・アルバムは2009年までに12枚をリリース。7thアルバム『富良野』が写真家の前田真三氏とのコンビによる制作だったほか、同じく写真家・佐藤秀明氏とのカップリングによるビデオ写真集『地球印象派』なども発売。海外においてもギター・インストゥルメンタルの人気は高く、1995年台湾と香港でベストアルバムが、2014年には韓国にてベストアルバム「Thanks My Dear」がリリースされる。近年では、韓国・中国・台湾でもライヴが開催され、韓国では2009年以降、中国では2012年以降、毎年ツアーを行ない、好評を得ている。
 また、TVドラマの音楽も手掛け、1994年、フジテレビ系ドラマ『若者のすべて』の劇中音楽をプロデュース、1995年、東芝日曜劇場『輝け隣太郎』の音楽/ギター・ソロ演奏を担当、1998年には読売テレビ系全国ネット『遠くへ行きたい』の音楽をプロデュースしている。さらにセイコー、大手電気量販店デオデオ、ロイヤル・アッシャー・ダイアモンド、ミツカン、日本興亜損保、NUMO(原子力発電環境整備機構)といった企業・団体のTV-CM音楽のアレンジ、演奏を担当。

 歌詞のない世界、故に6本の弦から流れるメロディーを耳にした人々は感動し時には涙を流す。「大人のための子守唄」をテーマに全国を駆け巡る。近年はソロ・ライヴだけでなく、アコースティック・ギターや他の楽器とのセッション、ヴォーカルとのコラボレーションなどのジョイント活動も増えてきており、2006年には櫻井哲夫(元カシオペア)とユニットを結成、バンド名を「FAR EAST」と名付けツアーを展開、アルバム「IMO」をリリースし話題を振りまく。
 その他、東京をはじめ各地でギター・ワークショップを開催するなど、後進の指導にもあたっている。2007年10月よりラジオのレギュラー番組を開始。現在は『岡崎倫典のAcoustic Wind』を、東京・中央エフエムをキー・ステーションに全国15局ネットで放送中。番組中では、インターネットによるギター講座も行なっている。
岡崎倫典  http://www.rynten.com

 
当店にて、チケットの販売・予約OKです

◆問い合わせ・連絡先
Bar Caboulot (バー・カブロ)
Tel & Fax 084-926-5966
【営業時間】20:00~翌3:00
【定休日】 日曜日(連休の場合は、連休最終日をお休みします) 

ページのトップへ戻る